お尻 ニキビ跡

お尻のニキビ跡の種類jは?

角質が厚くなってしまいやすお尻ですが、皮脂の分泌が多い場所とされています、

 

 

実は、体の中でもニキビができやすいんですね、
多くの方がお尻のにきびで悩んでいるかと思います。

 

 

さらに問題なのが、お尻ニキビが尚っても「跡が残る」ということ。
そのような悩みは多いですね。

 

 

ニキビ跡については、ケアをしてあげることで綺麗になおります。

 

 

美尻ケアをするためにも、ニキビが発症した原因を調査し、きちんとしたケアを
行ないましょう。

 

 

ニキビ跡の種類は?

 

 

まずは、ニキビ跡の種類について見ていきましょう。主に4種類ありますが、

 

クレータータイプ
しこりタイプ
色素沈着タイプ
炎症タイプ

 

などで分類されます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

  • クレータータイプについて

 

みなさんのニキビ跡bのイメージで多いのが、このクレータータイプです、

 

ニキビが治ったものの、肌の表面がでこぼこ状態になってしまうんですね。
しかし、これができるのも理由があって、ニキビができる要因となる「アクネ菌」と
戦ってやっつける際のなごりなんですね。

 

 

その時につくられた活性酸素や、倒したアクネ菌の残骸などが、
肌の刺激として残ります。

 

 

これを修復しようとしてでこぼこになるんですね。

  • しこりタイプ

 

上のクレータータイプと似てますが、炎症が繰り返しおきてしまった時に、
できてしまう固くて盛り上がったニキビです。

 

 

切り傷ができた時などに、盛り上がりますよね?それと同じようなことと考えてください。

 

 

顎の下に出来やすいニキビ跡ですが、お尻にできることもあります。

  • 色素沈着タイプとは

 

 

主に茶色いニキビ跡を言います。シミと間違うこともあるかと思いますが、
メカニズムもシミとの共通点がおおいです。

 

シミの場合えら人色素が排出されなかった際、沈着することでおこりますが、
ニキビの跡も同じといえます。

 

 

炎症から守ろうとして色素が作られるんですね。

 

その際に代謝が足りないと、色素として出てしまうんですね。

  • 炎症タイプとは

 

赤みだけが残るにきび跡です。ニキビの芯がなくなり治まれば痛みはなくなりますが、
赤いうちはまだ炎症を起こしているので、注意してくださいね。

 

 

この時点でのケアが大事となります。

以上、ニキビ跡の種類についてまとめさせていただきました。

 

お尻のニキビケアフェアリームーンの詳細は下記からになるので、
気になる方はご覧になってくださいね。

 

>>フェアリームーンのドラッグストアでの取扱を知りたい方は・・・・